Vision

『和僑』。

世界中で現地に根を張って活躍する日本人、の意です。

私の世代はバブル崩壊後の失われた20年といわれる時代に生まれ育ちました。
壊れ始めた終身雇用や年功序列、失脚する大手企業
叩かれるIT起業家などのニュースが目立ち、
社会に対してポジティブな印象を持ちづらい環境で育った私達は
一般的に安定志向、夢を持たない、不安を避ける世代だと言われています。

以前、留学生を対象にした海外開催の就職フェアに参加された
採用担当者様から聞いた話にショックを受けました。
海外の学生は複数言語を話せることに加え、
研究やインターンシップなど貪欲な学生生活を過ごしているため、
日本人留学生が見劣りしてしまうことが多々あったというのです。

そもそも日本が世界第二位の経済大国となる躍進を支えたのは何だったのでしょうか。
約140年前の明治維新を成し遂げたのは誰でしょうか。
戦後の焼野原の日本を建て直したのは誰でしょうか。

有名な実業家となった渋沢栄一のように、当時の農村の青年ですら
国の行く末を憂い当事者として文字通り命を懸けて行動していました。

敗戦の傷が癒えないままにも関わらず、勤勉で誇り高く秩序立ち
努力を惜しまない先人たちがこの国を先進国へと導きました。

全ての原動力は「人」でした。

国に頼るのではなく、日本人であることに誇りを持ち
自ら国の未来を切り拓いていく。

そんな人財が一人でも多くなるように、
世界中で活躍する『和僑』達の生き様を伝えることで、
一人でも多くの方に『和僑』として生きるという道を提示したいと
思いこの活動を始めました。

国の未来を創るのは、今
この文章を読んでいただいているあなたであり
あなたの子供たちです。

だから、一緒に強い日本の土台である
強くてしなやかな日本人を輩出できるように
活動していきたいと思うのです。

幕末の維新を支えたのは、当時の若者たちでした。
敗戦後復興を支えたのは、当時の若者たちでした。

これからの日本を自分たちの手で作り上げていくべく
私達は「和僑輩出」を掲げて活動してまいります。

和僑Style 代表
境 伴晃

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>